これからの日本の英語教育はいつ、どう変わるのか?

2018年度から先行実施…小3で必修化、小5から教科化へ

 日本の小学校での英語教育は、2020年度の教育指導要領から小3で必修化し、小5・6では成績がつく「教科」に変わり「英語で対話する力」を重視した英語教育となります。

 ではなぜ、「英語で対話する力」を重視した英語教育へと変わっていくのでしょうか。英語を勉強してきたのに、ぜんぜん話せない、と感じている保護者の方も少なくないかとおもいます。これまでの日本の英語教育の反省も踏まえ、文法や暗記を重視してきた教育から、「読む・聞く・話す・書く」という4技能を育むことで、使える英語力を身につける教育を目指す、というのが改革の理由です。2020年のオリンピック開催を受けて、お子さまはおうちのかた世代とは大きく違う英語教育を受けることとなります。

 


ヒガコキッズイングリッシュは?

ヒガコキッズイングリッシュでは、31年に渡る英語教育実践の中から開発されたコミュニケーションがとれるようになるための「mpiの9年間カリキュラム」を使用していますが、まさに今後の日本の英語教育が目指している「英語で対話する力」を重視したカリキュラムとなっているのです。